【🔴実は『普段着』として作られた服は1着もない!?😵大事なことはやっぱり『カジュアルとフォーマルのバランス』であるそのワケとは?🤔🤔🔴】

f:id:MzandD:20191227172843j:image

いつもお読みいただき、ありがとうございます😊✨

1つの前の投稿で買い物のタイミング焦らせてしまったパーソナルスタイリストの小澤水秀です!

 

絶対正月セールより年末セールの方が得です!!👍👍✨

ちなみに僕はもうどちらのセールも見送ります笑

 

 

さて、毎度毎度あなたの耳にタコが出来るくらいしつこく言っている普段着のコーデのポイント、

 

 

 

『カジュアルとフォーマルのバランス』

 

 

 

この2つの要素を考えることが改めて大事だということを最近学んだので、今回お伝えしたいと思います!!✨✨

 

そもそも『服』というのは、歴史を辿ると、実は普段の休日のために着てもらうべくして作られたものは1つもないんです‼️😵

 

 

 

 

【何かの『目的』のために作られた!!】

 

 

 

 

ものが、次第にあなたが休日に着る『普段着』として定着していったんです!✨✨

 

 

それでは、あなたにとって普段馴染みのあるアイテムの発祥は何から生まれたのか、

という具体例を交えて、改めて

『カジュアルとフォーマルのバランス』

の大切さをお伝えします!!✨✨

 

 

 

 

 

【🔴もくじ🔴】

1️⃣『アウトドアブランド』になぜ『蛍光色』が多い?🤔

2️⃣『デニム』はカジュアル着ではなく『仕事着』🤔

3️⃣『カジュアルとフォーマルのバランス』を改めて考える!🤔

 

 

 

 

 

1️⃣『アウトドアブランド』にはなぜ『蛍光色』が多い?🤔

f:id:MzandD:20191227174726j:image

まずは

『THE NORTH FACE(ザ ノースフェイス)』

『Columbia(コロンビア)』

等に代表されるアウトドアブランドです!

 

特に今の寒い時期は本当に街中で見かけない日はない程皆さん着てますよね✨✨

 

こういった『アウトドアブランド』の服は、当然ですが、

 

『アウトドア用』

 

に作られたものです!!

 

そもそも『アウトドア』の定義って一体何かというと、

 

 

 

【都市の人工的な空間から離れ、自然に囲まれた空間での行う行動】

 

 

 

と一般的にはされており、『キャンプ』なんかはその代表格ですよね😊✨✨

 

そして

『トレッキング』

『登山』

『スキー』

は『アウトドアスポーツ』と呼ばれる立派なスポーツですね😊✨(ちなみに『サーフィン』もアウトドアスポーツの1種です!)

 

 

もう察しのいいあなたはお気づきかもしれませんが、ではなぜ、アウトドア用の服に『蛍光色』が多いのか?🤔

 

それは、、

 

 

 

【🔴遭難した時に見つけられやすくするため🔴】

 

 

 

アウトドアって都会の喧騒を離れて、みんなでワイワイやることが凄い楽しい反面、当然危険もあります!😱😱💦

 

もし登山で雪崩に巻き込まれて運良く生き延びることが出来たとして、助けを待っていても『全身ブラック』

の装いだったら?

 

山の中で遭難してしまって、その時に着ていたのが

『ダークグリーンのマウンテンパーカー』

だとしたら?

 

考えるだけでもゾッとしますね。。😱

 

 

『雪山に黒は大丈夫じゃない?』と思うかもしれませんが、『影と同化』してしまうので、空から見つけられにくいそうです。。😵💦

 

 

だから『蛍光色』のアイテムが必ずあるんです!!👍✨

 

そして、

 

『アウトドアアイテムってデザインも機能性も高いから普段でも着たい!!でも色が合わせずらいんだよなー。。』

 

という声に応えるために『ブラック』『ネイビー』等の比較的コーディネートが組みやすい色のアイテムが出てきたというわけなんです😊✨

 

 

 

 

2️⃣『デニム』はカジュアル着ではなく『仕事着』

f:id:MzandD:20191227181545j:image

今でこそデニムって

 

『普段着の代表格』

 

ぐらいの立ち位置ですよね?😊✨

 

僕も大好きでデニムパンツもジャケットもよく着ています👍✨

 

 

ですが、この『デニム』も歴史的に見ると普段着からスタートしたわけではなく、

 

『作業着』

 

だったんですね!✨✨

 

今も大人気のデニムブランドの

『リーバイス』

は実に歴史が古いブランドで、18世紀のアメリカまで遡り、当時金鉱が発見されたことをきっかけに『ゴールドラッシュ』が起こり、一攫千金を狙って鉱山で働く鉱夫達が押しよさてきました!

 

この時鉱夫達は『作業中、すぐにパンツが破れる』という悩みを抱えていたところを、

『かなり丈夫で破れにくいワークパンツ』

としてデニムパンツを製作して、これが鉱夫達に大好評だったわけです!!✨✨

 

だからジーパンて丈夫に出来てるんです!👍✨

 

そうして、戦後に戦争から帰還してきた兵士たちが『革ジャンにジーパン』という格好で街で悪さを働いて、その『不良姿』に若者が憧れを抱き出したことから、どんどん街着としてデニムが定着していったということなんです!😊✨

 

このように歴史を辿ると面白いですよね?✨

 

 

 

 

3️⃣『カジュアルとフォーマルのバランス』を改めて考える!🤔

f:id:MzandD:20191227183325j:image

服の歴史について長々と語ったところで、

ここでなぜ

『普段着はカジュアルとフォーマルのバランスが大事』

なのか?🤔

 

よくよく考えていただきたいんですが、

例えば、休日の買い物に

『全身アウトドアアイテムのコーデ』を組んだ場合、

f:id:MzandD:20191227183715j:image

 

『ん?これから登山行くの?』

 

 

となり、

はたまた『全身デニム』でコーデを組んだ場合、

f:id:MzandD:20191227183904j:image

 

『あれ?昔の鉱夫の人』

 

 

という印象を与えかねません💦💦

 

なので、

 

『アウトドア用のブルゾンには、アウトドア用のパンツでしょ!』

 

と思っているあなた、

 

 

 

【決してそんなことはないです!!!!】

 

 

 

普段着にゴリゴリフォーマルな

『スーツスタイル』で行けば、

『仕事帰りかな?』と思われますよね?😅

 

 

普段着においては、

 

 

『1つのジャンルのアイテムに偏りすぎない』

 

 

ことが大事です!!

 

だから、

 

『カジュアルとフォーマルのバランス』

 

なんです!😊😊✨

 

 

 

 

 

 

いかかでしたでしょうか?😊✨

 

今回は服の歴史に少し触れさせていただきました!✨

 

結構面白いでしょ?👍✨

 

これからもちょいちょい歴史に触れながら、ファッションについて解説していこうと思います😊😊

 

 

 

 

 

🔴まとめ🔴

・普段着として作られた服は1着もない!

 

・アウトドアアイテムは、『身の危険から守る』ために『蛍光色』が多い!

 

・デニムは元々『鉱夫達の作業着』で仕事用の服であった!

 

・普段着において『1つのジャンルのアイテムに偏るのではなく、さまざまなジャンルをミックスさせること』が大事!

 

 

 

 

それでは次の投稿でお会いしましょー👍✨

 

 

 

 

【👕オシャレに悩む方々を1人でも多く救いたい👖】
「ファッションは人の人生までも大きく変える力を持っている」という想いでお客様一人一人と真摯に向き合っております!!


お洋服でのお悩み、何でもご相談ください✨


お問い合わせ
mzandd.style@gmail.com


【Twitter 】
https://mobile.twitter.com/MzD_style
こちらでは、ちょっとしたファッション豆知識をボソッとつぶやいてます!

 


【✂️✂️パーソナルスタイリスト✖︎美容師のトータルビューティーサロン👕👖】

10/1オープン‼️‼️‼️‼️

※完全予約制です!お問い合わせは下記メールアドレスか僕へのDMでも構いません!✨


お問い合わせメールアドレス
artesano.202@au.com


✨✨Price list✨✨
カット5500円
カラー6000円
(Wカラー+4500円)
パーマ6000円
縮毛+カット16000円
トリートメント3000円
ヘアセット 3500円


〒141-0021
東京都品川区上大崎2丁目18−25目黒三田フラワーマンション202号室