【🔴なぜ?🔴】なぜ服は「機能性」で選んではいけないのか?🤔

f:id:MzandD:20200611221418j:plain
【🔴もくじ🔴】

※お忙しい方は「まとめ」のみお読みください

20秒で読み終わります。

 

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます

 

ファッションスタイリストのオザワミズホです

 

さて「関東地方が梅雨入り」ということで、ここからジメジメ蒸し蒸しと嫌な時期に差し掛かるワケなので、

「接触冷感」

「汗染みが目立たない」

「透湿防水」

等々、機能面で優秀な服達を着たいという方は多いはず。

 

しかし、

 

「洋服を機能性で選ぶなんて考えられない!」

 

とおっしゃる方々が一定数いらっしゃいます。

 

さらにこの意見でマウントを取ってくるという方もたまにいらっしゃったりします。

 

僕はファッションスタイリストという立場ですが、服を機能性で選ぶことはしょっちゅうです。

 

ということで、今日は

「かなりのメリットがあるのになんで機能性で選ぶのはダメなの?」

というお話です。

 

 

 

1️⃣「デザイン性」が高いものもたくさんある!

 

「アンチ機能性」の方々は、しばしば

 

機能性<デザイン性という考え方をされてます

 

確かに以前は、機能性に特化したアイテムは、正直デザイン性が微妙なものもあったりはしましたが、今では機能性もデザイン性も共に高い商品はたくさんあります!

 

例えば、ビジネスカジュアル用のセットアップ1つとっても、見た目は完璧にスーツでも

 

「ストレッチが効いてて動きやすい」

「洗濯機で洗える」

「シワになりにくい」

 

といった嬉しい要素があるんです。

 

見た目のデザイン性が同じなら、機能的な方がいいってなるのも至極当然なわけです。

 

 

 

2️⃣長く着られる

こういった機能性に富んだ服はだいたい

 

「化学繊維」で作られています。

 

化学繊維というのは、コットン等の天然繊維を真似て人工的に作った素材で、天然繊維より丈夫という特徴があります。

なので同じTシャツというアイテムでも

 

「コットン100%」

「コットン50%ポリエステル50%」

 

とでは、耐久性が違うんですね。

 

さらに、1️⃣でも申し上げましたが、

化学繊維の方がシワもつきにくいので、洗濯後も普通に干せばそれなりにシワなく着用できます。

 

コットン100%だと家庭用洗濯機で他の衣類と一緒に洗うと確実にシワがつくし、シワをよく伸ばした後に乾かしてもそれなりにシワシワです。

 

アイロンをかければ問題はありませんが、これから毎日着ることになるであろうTシャツを洗って乾かすごとにアイロンをかけるという

「手間」は、ほとんどの方にとってはとっっっっても面倒くさい。。

 

僕だったら発狂します

 

「ウケるマジ無理w」なわけです。

 

乾かしたらそのまま着られる方がいいですよね

 

 

 

3️⃣どうして「機能性」をアンチするのか

こんなにデザイン性もそこそこ高く、機能性抜群な服を選ぶことに異を唱える方がいるのか。

 

アンチ側に立って考えた時に3つの理由があるなと思いました。

 

①行動不足

②情報不足

③想像不足

 

①

そもそも、

自分が好きで好きでたまらないもの以外は着ません!というスタンスの方は「機能性」の高い服をそもそも着たことがないという可能性があります。

 

なので、1度袖を通せば価値観が変わるという方も出てくるはずなんですが、そういった方は意思が固いので、中々行動に移してもらうのには一筋縄じゃいかなそう。。

 

 

②

これも「色んな服がある」という情報を取り入れる行動をしないので知り得ないわけです。

 

確かに、自分の好きなブランド以外は着ないというスタンスので、そういった方々にとっては他のブランドを知る必要はないわけです。

 

しかし、

「似たようなデザインで、機能性を良くしたやつが他ブランドである!」

ということは実は結構あって、これも少し調べればわかること。

 

いかに独自のスタンスによって、視野が狭くなってしまってるかがわかると思います。

 

 

③

そして最後、

 

「あなたが服をデザイン性で選ぶように、機能性を重視して選ぶという人もいるんです」

 

人それぞれ価値観や価値基準は異なりますよね

 

僕は決して服をデザイン性で選ぶ人を否定しているわけではありません。

 

というむしろ、

「デザインが損なわれるのであれば、窮屈でもこれを着る!」

という道を選んでる時点で

 

めっっっちゃ服好きですよ

 

僕なんかすぐ着心地がラクな方を選んでしまうので、そういった方々にとっては、僕の服好きはほんのにわかに感じることでしょう。

 

それに、そういった方々は僕なんかよりずっとオシャレな人が多いのもまた事実。

 

しかし、、

 

自分の考えがすべて正しいかのように言うのは間違っています

 

「Tシャツやシャツはやっぱコットン100%じゃないとダメだよね!」

「スーツはやっぱウール100%で高級感があるやつじゃないとダサイ!」

 

こういうことは、機能性が高くて気に入って買った人にとってはシンプルに悪口ですし、人によってはすごく否定されたと落ち込んでしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

なので、

 

思とけ

 

ってことなんです。

 

「こだわりを持つ」ということはむしろ僕はいいことだと思うので、それを他人に強要せずに自分の心の中に持っておけばいいんです。

 

「世の中色んな人がいるわけだから、当然自分とは正反対の意見を持つ人もいるよなー。そりゃそうだよなー。」

 

くらいに留めておいて、無理に理解しようとしなくてもいいんです。

 

僕からすると「コットン100%Tシャツ」の方が絶対いい!という人の気持ちが正直わかりません。

 

「シワがつきにくい方がいいじゃん」と自分が思うから。

 

ただ、それでもコットン100%のTシャツの方がいいという方もいらっしゃるので、それは一つの意見として取り入れて、それに見合ったご提案をすればいいだけのこと。

 

こうやって考えれば、いちいち反対意見に目くじら立てることもなくなるので、精神面でも健康でいられますよ✨

 

 

 

🔴まとめ🔴

①「アンチ機能性」の方々は

「機能性<デザイン性」と考えてる方が多い。昔はたしかに機能性に特化したアイテムはデザインが微妙なものはあったが、今では機能性もデザイン性も両方高いものが増えている

 

②機能性が高いアイテムは「化学繊維」を使っているものが多く、これはコットン等の「天然繊維」より丈夫という特徴がある。

そのため、同じTシャツでも

「コットン100%」と

「コットン50%ポリエステル50%」

とでは耐久性も違う。

 

③「アンチ機能性」と思うのは3つの特徴から

・機能性アイテムを着ようとしないという

「行動不足」

・機能性アイテムを知ろうともしない

「情報不足」

・服を機能性重視で選ぶという方もたくさんいるという「想像不足」

自分の意見は自分の内に秘めていればいいわけで、それを強要するのは違うよね。

 

 

 

それでは次の投稿でお会いしましょー。

 

 

 

【各種SNS、パーソナルスタイリングサービス、美容室HPはこちらから💁‍♂️✨】

↓↓

https://linktr.ee/mizuho.ozawa