【🔴イタイ🔴】「若作りファッション」の作り方とは?

f:id:MzandD:20200726210406j:plain【🔴まとめ🔴】

お急ぎの方は「まとめ」のみお読みください。

20秒で済みます。

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます

 

ファッションスタイリストのオザワミズホです

 

今回は

「若作りファッション」

の作り方について。

 

まぁ多くの方がお察しだとは思いますが、

 

「若作りファッション」はイタイです。

 

どうしたらこの「若作りファッション」が完成してしまうのかというところにスポットを当てながら、その改善策もきっちりお伝えしたいと思います。

 

 

 

1️⃣とりあえずオーバーサイズで着る!

f:id:MzandD:20200726194315p:plain

とりあえず「流行ってるから」という理由でオーバーサイズのものばかりを着ていると

野暮ったい印象に見られる可能性が高くなります。

 

もちろん「流行」を取り入れることはすごく良いことではありますが、

 

大人のオーバーサイズの着こなしは、ある程度組み合わせを考える必要があります。

 

体のラインを隠してくれるという利点もあるとはいえ、あまり大きすぎたりするとただダラシなく見えてマイナスです。

 

大人のオーバーサイズの着こなしのポイントは、やはり全体の「シルエット」に気を遣うと、スタイルも良く見えるし、流行をうまく取り入れているという印象に見られます

 

・Yラインシルエット→トップス大きめ、ボトムス細めYラインシルエットとは - Dcollection

・Aラインシルエット→トップス細め、ボトムス太め(大きめ)Aラインシルエットとは - Dcollection

これらのシルエットを作るということを前提にしてオーバーサイズに挑戦しましょう。

 

 

 

2️⃣素材に気を遣わないポリエステル/コットンツイル[F72100]|生地・布の通販【トマト ...

あまり「素材」に関してはノーマークな方が多いように思いますが、大人ファッションにおいては考える必要があります。

 

例えばTシャツ選びにしても

 

・マットでガサっとした手触りのもの

・ツヤ感のあるサラッとした手触りのもの

 

どちらが大人が着ると風格のある印象を作ることができるかというと、当然後者なんですよね。

 

というのも「ツヤ感」「光沢感」というのは、スーツ生地の表面にツヤがあるように、フォーマル要素、大人っぽさの象徴なんですね。

 

大人がするべきファッションには、この「フォーマル要素」は必要不可欠なので、素材にもこだわる必要性があるんです。

 

ただ、決してガサっとした素材がダメというわけではありませんし、例えばボトムスに細めのスラックスを履いた場合はガサっとした素材のTシャツでも、カジュアルとフォーマルのバランスをうまく取ることができます。

 

このように上下でうまくカジュアルとフォーマルのバランスを取る必要があり、そのバランスを取る要素として「素材選び」ということも重要になってくるというわけです。

 

 

 

3️⃣まずは自分をしっかり「受け入れる」こと自己受容とは?自己肯定感と区別し、ありのままの自分を受け入れる方法

「人生100年時代」と言われるくらいになった昨今、大人になってからの人生の方が圧倒的に長いわけです。

 

それに若者は、その「若さ」というアドバンテージのおかげで、あまり深く考えなくてもある程度オシャレに見せることができるのも事実です。

 

だからこそ「若さ」希少性の高い価値があるのですが、大人世代になっても自分はまだまだ若いと過信し、当時のファッションから抜け出せないという方がいらっしゃいます

 

これが痛い「若作りファッション」の最たる原因だと思います。

 

さらに、歳を重ねれば重ねる程、周りに指摘する人はいなくなります。

 

「指摘して人間関係を悪化させるくらいなら、何も言わない方が良い」と考える方が多いからです。

 

まずはしっかり自分の年齢を受け入れること。

 

それでも「若者と同じ格好がしたい!」という方はすれば良いですが、少しでも周りの目を気にされるのであれば、まずはこの部分からスタートしましょう。

 

若者には若者特有の雰囲気や個性があるように、大人には大人にしかない雰囲気や個性はちゃんとあります。

 

大人には大人の雰囲気にあった着こなしやコーデをきちんとすれば

「若作りファッション」ではなく、素敵な「若々しいファッション」となるわけです✨

 

 

 

🔴まとめ🔴

①とりあえず流行ってるという理由で何も考えずに「オーバーサイズ」のものを着ると、野暮ったい印象に見える可能性が高い。大人のオーバーサイズは

・Yラインシルエット→トップス大きめ、ボトムス細め

・Aラインシルエット→トップス細め、ボトムス太め(大きめ)

の2種類のシルエットのどちらかを作るように挑戦しましょう。

 

②大人は「スーツのようにツヤのある素材」のものを選ぶことが大切。Tシャツを例にすると

・マットでガサっとした手触りのもの

・ツヤ感のあるサラッとした手触りのもの

後者の方がフォーマル要素があり、大人っぽいう雰囲気が出せる

 

③大人世代になっても「自分はまだまだいける!」と過信してしまうことが、「若作りファッション」に陥ってしまう最たる原因。まずは自分の年齢を受け入れることが大事

。大人には大人にしか醸し出せない雰囲気があるので、無理に若者の真似をしていたら勿体ない!

 

 

 

それでは次の投稿でお会いしましょー。

 

 

 

【各種SNS(コーディネート解説)、パーソナルスタイリングサービス、美容室HPはこちらから💁‍♂️✨】

↓↓

https://linktr.ee/mizuho.ozawa

(ラジオ配信スタート!)